FC2ブログ

Fを彷彿させる難しさ!チョーキングを練習

こんばんは。。。昨日まで泣きのAソロ選手権に取り組んで、
ストロークとアルペジオとinshotの機能の合わせ技で、
いままでで最高のものが配信できました。
あと何気にTwitterの投稿そのものをブログに載せる方法も知りました(PC限定だけどね。。。)

ついに配信!!泣きのAソロギター選手権にエントリーしました

こんばんは・・・今日は天皇誕生日でやすみでした。今日はGIUのギターに関する勉強会に参加しました。本記事のストーリーに載らず、その時のレポートは別途になることすいません。ただ、泣きのAソロを流すなら、今日ほどギター熱が冷めない日はなかなかなさそう、、、ということでやっと配信しました。ちなみに前回のAm add9の改善策は踏襲しています。泣きのAソロで多用されるAmadd9のフォームを比較してみたこんばんは。。。最近...



さて今回は別の話にシフトしまして(後述のこと考えると無関係かは怪しい・・・)、
昨日のGIUの勉強会でチョーキングをやりました。

手持ちの教本にもチョーキングは載ってはいるのですが、
テクニックのセクションでも最後の方なのでたどり着いてなく、、、
はじめての奏法でレポートという形で記事にしました。
最近、特に思い返したいネタが多すぎてカテゴリ「成果」が増えてる。いいことです。。。



1. 概要


チョーキングは弦を指で押し上げて、
高音を出すテクニックでメロディとかに使われるようです。

チョーキングイメージ

今回の泣きのAソロでも多用している人が多かったですね。
(あとはビブラートもですが。。。)


今回、1弦13フレットをチョーキングしてみたのですが、
他の弦が鳴ったりで、安定せず。。。あとFの時を彷彿させるいたさですね。。。
弦の跡とペンだこができるレベルでした。。。ここから固くなっていくのですね。
またボンレスハムでした

ボンレスとペンだこ

改めてネットサーフィンしてみるとチョーキングは、
エレキギターでも難関テクニックらしいですね。

今も練習しているのですがこれらを難なくこなすにはまだまだですが、
講師からいただいたアドバイスは以下です。

① 薬指でチョーキングするとして人差し指と中指も使う
② チョークするときは指の力ではなく左手を回す感じ
③ ほかの弦がならないよう右手でミュートをかける
④ 出来栄えをチューナーで確認

これを以降にまとめるのですが、、、それぞれを章立てで書くのは大変そう。。。
(4つのアドバイスを章で書くの大変って。。。それ怠慢???)

というわけで上記のアドバイスに至る自分の問題点を2章、
その上でどんなアドバイスがあったかを3章、
そして解決できなかった今後の課題を4章ですかね。。。
この方針で以降に書いていきます。

2. チョーキングにおける私の問題点


チョーキングをやるにあたって、
私の演奏には4つの問題がありました。

1点目が薬指だけでチョーキングしようとすることです。
本当に初見だし譜面が単音で示されることが多いので、
そう思ってたのですが、弦が全然上がらなかったです。。。
おまけに薬指への負担が尋常じゃなかったです。

2点目が親指で握りこんでないことです。
親指がネックの裏の中央にあることが癖レベルで多く(※)、
チョーキング中にネックを握りこめてない・・・
その結果、人差し指~薬指に負担がよりかかっていたかったです。

※ 親指がネックの裏にあると他の指が自由になるのでついやってしまいます。。。

3点目が他の弦を鳴らしてしまうことです。
1弦からチョーキングすると2、3弦を巻き込むので、
音が鳴らないように注意する必要があるのですが、私の実力では無理でした。
お得意のポンコツ技なのに・・・

4点目がチョーキングで出すべき高音が出せているか分からないことです。
チョーキングは元の音を弾きつつ高音を出すテクニックですが、
本当にうまくいっているのか、、、どこまで弦をあげればよいのかわかりませんでした。

それぞれに対する講師からのアドバイスを次章にて。。。

3. 勉強会でのフィードバック


2章で4つの問題点を書いたので、それぞれどんなアドバイスがあったかまとめます。

1点目が薬指だけでチョーキングしようとしてたことについては、
人差し指や中指も使って支える必要がありました。
今回の題材が薬指で1弦13フレットなら、
人差し指で1弦11フレット、中指で1弦12フレットを押さえながらという3本体制でした。。。
改めて教本や動画を見ると他の指でサポートする旨が書いてあったりしました。

2点目が親指をネックの上から握りこむ感じで・・・
今回、自由どころか、、、弾くべきものが決まってますし、
ちゃんと握る必要がありました。。。
またチョーキングでは指の力よりも左手首で、
ドアノブをひねるようにとのコメントがありました。
これを実現するためにも親指の握りこみが必要で、
自分自身なかなかできてないのが2重の意味でネックですね。。。

3点目が2弦より低音弦は右手でミュートしておくことです。
ブリッジだとまだ鳴ってしまう可能性があり、
ピックアップの上の方で押さえるのがいいと、
完全にミュートにしてしまうのがいいとのコメントをもらいました。

4点目がチューナーをつかうことです。
私の手持ちのチューナーにはすべての音を拾うクロマチックモードがあって、
これで音程を比較することができるとアドバイスをもらいました。
(チューナーの「C」ってそういう意味かよ!!クラシックだとおもたww)
例えば1弦13フレットはFなので、
チョーキングで全音上げてみてチューナーでGになるかを見ることができるとわかりました。
全音、半音上げるときのチョーキングの感覚を見るのに便利ですね。

以上がいただいたアドバイスになります。
ざっくりで他にも書くべきことはありそうですが、
大筋が確保できればとこのような感じにありました。

4. 今後の課題


上記のアドバイスを活かすこともそうですが、、、

チョークダウンがイマイチ解決できてないです。
今回まとめたのはチョークアップに関することですが、
チョーキングしている状態から元に戻すのがうまくいってないようで、、、

チョークダウンの時に音がスパッと消えてしまう。。。指が離れちゃうみたいですね。。。
チョークダウンはビブラートとかにも役立つもののようで、
さらに練習が必要ですね。

あと私が現在、はっきりとしていないことがあって、、、
チョークアップからのチョークダウンの間でピッキングが必要か分かってないですね。

つまり以下のどっちなんだろうという状態です。どう考えても後者ですが、
いろんな演奏見てるとアップ&ダウンをやっている人がいるように見えて仕方ない。。。
・ピッキング→チョークアップ→チョークダウン
・ピッキング→チョークアップ→ピッキング→チョークダウン

5. さいごに



今回勉強会でチョーキングの講義を受けた旨、記事にしました。

最初のほうでも書きましたが泣きのAソロ選手権でもメロディ弾きをされている方がおり、
コードで終わった私の選択肢を広げるためにもできるようになりたいものです。
そのためにはチョーキングは必須のテクニック、、、
でもかなりの難解でいまだに苦戦中です。

少しずつ慣れてきたら難なくできるのかな。。。
チョーキングできるようになりたいです。
しばらくチョーキング記事になりそう。。。

ではでは、おやすみなさい。
にほんブログ村 音楽ブログ エレキギターへ

続きを読む

スポンサーサイト



ついに配信!!泣きのAソロギター選手権にエントリーしました

こんばんは・・・今日は天皇誕生日でやすみでした。

今日はGIUのギターに関する勉強会に参加しました。
本記事のストーリーに載らず、その時のレポートは別途になることすいません。


ただ、泣きのAソロを流すなら、
今日ほどギター熱が冷めない日はなかなかなさそう、、、ということでやっと配信しました。

ちなみに前回のAm add9の改善策は踏襲しています。

泣きのAソロで多用されるAmadd9のフォームを比較してみた

こんばんは。。。最近外が温かく、家では寒い・・・これでは服装に悩みますね。さて、前回は電子書籍に対する意図を記事にしたのですが、読んでいただけたでしょうか。初心者でも成果を広い場で残す手段が他にあるのでしたら、それはそれでやってみたいと思い、日々成果を残しています。収益だけではなかった!!エレキギター初心者が電子書籍化の本当の目的を2つ紹介こんばんは・・・今日の昼、結構、温かかったですね。そろそろ...


そして今日、、、やっと泣きのAソロギター選手権にエントリーすることができました!!



この16日間でコードでしか演奏できなかったため、
イマイチかもしれませんが見ていただけたらすごくうれしいです。


ポイントを以下に簡単に記載します。後日振り返り記事で詳細は示しておきます。
・コードしかできない、、、コードはできるためストロークとアルペジオを合成
→ ストロークパートの音が大きすぎてすいません、一応調整したのですが、、、
・それぞれの演奏を聴けるようにイヤホンを使った場合の左右振り分け設定
→ スマホに良いツールがなさそうなので、めずらしくPCにて編集、Audacityを使いました
・inshotの機能紹介も兼ねて動画に活用
→ 意外にもinshotのpipで私のブログが検索されるのです。そこでinshotの「pip機能」と「ステッカーの豊富さ」を活かすことにしました。

以上がポイントになりますが、
3つ目は演奏というよりデザインとかになりそうで、
誰が見ても審査対象外の話ですね。。。。

ちょっと背景で遊んでいる方もいたので対抗にはならないですが、
ある程度の動画編集は入れてみたかったのですww


いずれにしても、今回ここまで来てエントリーできたのは、
日々の練習もありますが、GIUの有識者の方々のアドバイスがあったからと思います。
(独学の限界ですね・・・)
今回は「泣きのAソロギター選手権」という1つのイベントだけで、
学ぶことが多かったように思います。。。


まだまだ実力のなさを感じてますが、
これからも練習して成長できればと思います。

本当に今回はもっと詳しく書いたほうがよいですがネタが多すぎて、、、
まずは配信に対する初報として記事にしました。

ではでは、おやすみなさい。
にほんブログ村 音楽ブログ エレキギターへ

続きを読む

泣きのAソロで多用されるAmadd9のフォームを比較してみた

こんばんは。。。最近外が温かく、家では寒い・・・これでは服装に悩みますね。

さて、前回は電子書籍に対する意図を記事にしたのですが、
読んでいただけたでしょうか。
初心者でも成果を広い場で残す手段が他にあるのでしたら、
それはそれでやってみたいと思い、日々成果を残しています。

収益だけではなかった!!エレキギター初心者が電子書籍化の本当の目的を2つ紹介

こんばんは・・・今日の昼、結構、温かかったですね。そろそろ極寒から解放されるのではないかと思うとうれしいですただ3月はスギ花粉が・・・さて今回は以前、報告させていただきましたエレキギター初心者として、私が体験談を電子書籍化した件で記事にしようと思います。(いつもだったら「日記」か「雑談」ですが一種のノウハウネタのため、あとあと振り返りやすいようにカテゴリは「成果」で・・・)ほぼ1年の成果は決まったかな...


特に今回の泣きのAソロ選手権に関しては、単発ネタながらノウハウがたまりすぎてて、
前回の記事でも伝えましたがショートペーパーレベルのものができそうだが、本にするまでのものではないので、、、
そういったものでも投稿できる仕組みがエレキギターのコミュニティにほしいものです。



前置き長すぎてすいません。
その、泣きのAソロに向けて、また練習してました。

以前、Aソロの途中経過を動画にしましたが、

泣きのAソロギター選手権について現状だけでも動画にしてみた

こんばんは・・・明日から休日。。。昨日は寝る前にブログ投稿してあまり寝れなかったのでたくさん寝ます。泣きのAソロ選手権のルールを逆手に中間成果を撮影こんばんは、、、昨日今日とブログが夜中跨ぎすぎて、まぁ見てもらえない時間に投稿してる自分がいます…orz昨日はアルペジオも選択肢に入らないかと検討してました。わざと遅くする?アルペジオでA音流すと言う選択肢…こんばんは…今日もAソロ対策に向けて研究です。今度GIU...


まぁ演奏というよりも私の撮影ミスのほうがめだってしまいましたww


演奏自体は日に日にコードチェンジに慣れだして、
もしかしたらリズムに多少遅れは生じそうですが、誤差の範囲で本番に出せそうです。
(明日、GIUの講義が終わったら反映できるか検討、、、そして明日明後日投稿予定で・・・)

さて泣きのAソロのコードチェンジについてですが、
もしコードストロークで攻めるならAm add9が一番多いので、
そこのフォームが肝だと感じました。

Am add9のフォームについて(ルートが4弦7フレットの場合)、
結論から言うと以下がよさそうとなりました。

Am add9 フォーム1

7フレットの2か所をどう押さえるかが比較のポイントになりました。


まぁ前半はAm add9→AmM9/G#→Am9/GAm69/F#で、
1弦7フレットの部分を動かなさないので小指で押さえたら、
コードチェンジしやすいのは実際やってみてわかりました。

問題は後半の部分、、、E7→Am add9→Dm9→Am add9をどうするかです。
Am add9のフォームの選択として、以下もあるのです。

Am add9 フォーム2

最初Dm9の難しさのインパクトもあって、Am add9→Dm9→Am add9だけで見てました。
そうするともう1つのフォームのほうがやりやすいように感じるという、
錯覚が生まれてしまったというわけです。

ただ実際にやり方を最初のフォームでやってみると、、、
恐ろしくコードチェンジがしやすかったです。
また中指が遊んでいる状態、、、薬指が低音弦にある状態は、
Dm9へのコードチェンジとも相性がよかったです。

Am add9は最初に弾いたものに統一して弾くのがよく、
さらにコードチェンジのスピードが上がりました。
そもそもフォームを統一しないって良くない気が。。。


徐々に最初はコードの構成すらマニアックすぎて、
参加無理ではと思いましたが、ようやくここまで来ました。
明日の講義で少し方針が変わる可能性もありますが、
明日、明後日を目標に今回の最終成果をTwitterに配信出来ればと思います。

ではでは、おやすみなさい。
にほんブログ村 音楽ブログ エレキギターへ

続きを読む

プロフィール

enrock2020

Author:enrock2020
1990年生まれ。神奈川出身。趣味はエレキギター、カラオケ、音ゲー、プログラミング。好きなアプリはバンドリ、ようつべ

はじめまして、最近エレキギターをやりはじめました。全然できないので、あの手この手で勉強していきます。よろしくお願いします。

Twitter: @enrock2020
ブログの方針: こちら

アクセス

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR